みず?ぶろぐ

六命ことSicx Livesのいち参加者によるだべり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記63日目

≪63日目≫
ようやくバリトラを撃破した。
一番強かったのは、やはりあの猫天使なのだが。
もしも、物語が人の一生を描いたものであるなら、
その結末を求め続けるのはアレなのだろうか、とは思う。


------------------------------------------------------------
≪63日目≫

『・・・・しかし、いいのかね?』
『何もかも元に戻って機能を取り戻せば、この島は永遠に過去を求め集め続ける』
『世界中の過去を集め、島は過去で塗り固められ・・・・・・・・・これがどういうことか、ぬしに分かるか?』

 バリトラの言葉。

 バリトラが、物語を繰り返すために、島を壊したわけではないのだろうか。
 島は元々壊れていたのだろうか。
 先の戦いで、力を使い切ったとは聞いていたけれども。

 そもそも俺達は、元に戻そうと先へ進んでいるわけじゃない。
 俺は、物語の結末を見るため、なのだが。

 榊さんは、元に戻そうとしているのだろうか?
 そのために、俺達を島へ集めたのだろうか。


 過去を求め集め続ける島。
 過去で塗り固められる島。
 
 過去ばかりなら、現在も未来もなく、……時の流れが逆転するということだろうか。
 それとも、過去……人々の記憶を集めて閉じ込めてしまうのだろうか。
 
 過去を操るのだと、言っていた人がいた。
 バリトラの話を聴くと、操れるとはとても思えないが……。



『お前、何で榊だけ”さん”付けてんの?』

 不意に邪神さんの声が響いた。
 飽きたらしい。

『別に、そうでもないけど』
『そーでもあるって。自覚してないのか? お前、”敵”は呼び捨てしてるだろ』

 わかりやすいんだよ と、突っ込まれる。

 言われてみればそうかもしれない。
 正確には、微妙に表現は異なるのだが。

『あー、じゃあ、あれかな』

 俺は、母親から”とある島”の物語を聞かされた育った。
 そこには、”榊さん”も出てきている。
 その母の口調がうつっているのではないだろうか。

『なら、”神崎さん”になるんじゃねーの?』
『そう言ってる気もするけど、その辺は曖昧だな。
 榊さんと違って、最近出た人だし』

 俺の中では、招待状を受け取ってから五年の月日が流れているので、
 その辺がまあ、そんな感じなんだろう。



『しっかし、過去を集める島、か。お前にとって、俺は過去の人間だ。
 だから、呼ばれたわけか? しっかり集めてるじゃねぇの』
『……それは、関係ないだろ』
『さぁ、どうだかねぇ……』

 くっくっく、と笑い声が響く。

 こういう時は、流してしまうのが楽なので、流してしまう事にした。
 多分、彼も本気で言っているわけではないと思うのだが。

 ……だよなあ?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aques.blog102.fc2.com/tb.php/387-a41579bd

 | HOME | 

プロフィール

くわみず

Author:くわみず
 
ヴェーリル(2038)/ユーリル(2228)の背後です。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このページは
リンク・アンリンクフリーです。

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。